他の犬や人に慣れさせる社会化トレーニング

他の犬や知らない人、物音などに慣れさせるには

人間の子供の「人見知り」にならないよう社会化トレーニングを

社会科トレーニングは犬が他の犬や人間、物音などに慣れさせる訓練です。人間の子供でいう「人見知り」のように、知らない人になつかない犬にならないように、また物音などに過剰に反応しないためには、いろんなものに慣れさせておくと良いです。これは生後3ヶ月までに行っておくと良いトレーニングです。

具体的にはいろんなものを見せたり触れさせるということです。

例えば人なら、男女問わず色んな人にあったり、触ってもらったりします。家族以外の人に触ってもらうことで人に慣れやすい懐っこい犬になります。

また他の犬も、小型犬から大型犬まで色々な犬を見せるのが社会科のトレーニングになります。ただし、他の犬と接触させるのはワクチンが終わるまでは避けましょう。ワクチンが終わるまでは”見せるだけ”です。

そして普段聞き慣れない音や、普段見慣れないものを見せ、新しい体験をさせるのもトレーニングになります。ただしこれはやりすぎに注意してください。1日2~3個にしておきましょう。

>> 子犬のしつけ教室で教わること一覧へ戻る