ムダ吠え・要求吠えトレーニング

ムダ吠え・要求吠えはトレーニングで改善

近所の迷惑になるムダ吠えや要求吠えはこうやって止めさせます

子犬は構って欲しい時や、サークルから出して欲しい時などキュンキュンと鼻を鳴らして飼い主にアピールをします。また、子犬によっては「ワン!ワン!」と大きく吠えて飼い主を呼ぶ子もいます。このように、子犬が飼い主の気を引こうとキュンキュンと鳴いたりワンワン吠えるのを要求吠えと呼びます。

子犬の要求吠えはかわいいし、さみしそうでかわいそうに感じてすぐにかまってあげてしまいがちですが、ここでかまってあげてしまうと「キュンキュン鳴くとかまってもらえる」「ワンワン呼べばかまってくれる」と覚えてしまい、吠える癖がついてしまいます。

この要求吠えは、最初のうちは可愛いと思っても、いつもこれをするように癖がついてしまうと、なかなか犬のそばを離れられなくなってしまったり、マンションなど集合住宅では夜中に吠えて近所の迷惑になったりと、犬と関わるのが大変になってしまいます。

そこで、しっかりとトレーニングをしておくことが大事です。子犬のうちは要求吠えは必ずするものなのでここはしっかりとトレーニングをしておきましょう。

要求吠えを止めさせるトレーニング方法

要求吠えトレーニングは犬よりも人間のトレーニング

要求吠えのトレーニングは、犬が要求吠えをした時に無視することです。

「どうしたの?」とか「ダメ!」とか「はいはい」とかそういったことをつい言ってしまいがちですが、それらは言わないのはもちろん、目線も合わせない、そして体も犬の方に向けないようにします。

子犬の要求吠えは可愛いのでどうしてもかまってあげたくなってしまいますが、ここは飼い主が我慢することがトレーニングと思いましょう。

無視して少し時間が経つと要求吠えが止み、おとなしくなります。
かわいそうでも我慢し、要求吠えが止まったら褒めてかまってあげましょう。

そうすることによって、「おとなしくすれば遊んでもらえるんだ」と言うことを覚えます。

この要求吠えトレーニングも繰り返しが必要ですが、言葉の通じない犬に何かをさせるのではなく、飼い主自身が繰り返すトレーニングなので、自分でコントロールできる分慣れてしまえば少し楽かもしれません。

最初のうちはどうしても要求声が止まない時もあります。そんな時は、犬の前からいなくなりましょう。その時も「ダメ」とか「コラ」とか声をかけたりせず、黙って静かにいなくなり、犬が静かになったら戻ってくるようにしましょう。

また、サークルに毛布などの布をかぶせて外が見えなくするということも有効です。

>> 子犬のしつけ教室で教わること一覧へ戻る