おとなしくブラッシングさせる方法

ブラッシングできれいな毛並みをキープ

暴れず噛まずにおとなしくブラッシングさせるには抱っこのしかたが大事

フラッシングは抱っこトレーニングでおとなしく抱っこさせることがしっかりできる状態で始めましょう。

抱っこをして犬がおとなしくなった時に優しくブラッシングを始めます。抱っこがちゃんとできるとそんなに難しくありませんが、最初のうちは暴れたりブラシやコームを噛もうとしたりします。

そうしたら抱っこトレーニングでやった「ぎゅっ」と動けない状態にしておとなしくなるまで待ち、おとなしくなったらまたやさしくブラッシングを始めます。

ブラッシング中に暴れて逃してしまったり噛まれたりしないように注意します。これをすると暴れ癖や噛み癖がついてしまうので気をつけしましょう。

ブラッシングは初めは1分で終了します。おとなしくブラッシングできるようになったら時間を少しずつだんだん増やしていきます。

>> 子犬のしつけ教室で教わること一覧へ戻る